トップ / 補酵素と一緒に摂取すると効果的

酵素で体質改善する

補酵素と一緒に摂取すると効果的

酵素を多く含む食材と摂取方法

前ページでご紹介した酵素ダイエットによる効果を体感するためには、実際にどういった食材を選び、どういった方法を用いて摂取すればよいのでしょうか。

■酵素を多く含む食品とは
最近話題の酵素ジュースや酵素サプリメントは食べ物から取れる「食物酵素」を原料にしたものです。最初は食習慣の見直しも兼ねて、身近にある食べ物から酵素を摂取していきましょう。
食物酵素を豊富に含む食品は大別して、生野菜、フルーツ、発酵食品の3つが挙げられます。詳しくは以下をご参照ください。

【酵素が多く含まれる生野菜】
レタス/ニンジン/セロリ/キャベツ/トマト/キュウリ/ダイコンなど
【酵素が多く含まれるフルーツ】
キウイ/アボカド/バナナ/リンゴなど
【酵素が多く含まれる発酵食品】
味噌/醤油/納豆/キムチ/漬け物/麹など

また、酵素の効果をしっかりと得るには、ビタミンとミネラルといった補助酵素と一緒に摂取するのが効果的だといわれています。野菜やフルーツにはビタミン、ミネラルともに豊富に備わっています。酵素の恩恵を余すことなく受けるためにベストな食べ物だといえるでしょう。

■酵素を摂取するための食べ方とは?
酵素を摂取するためにもっとも重要なのは「加熱をしない」ということ。野菜やフルーツに含まれる酵素は、熱を加えただけですぐに破壊されてしまいます。そのまま切って生で食べたり、すり下ろして食べるなどがもっとも酵素にダメージを与えない食べ方だといわれています。

また、多少の手間や出費は惜しまないという方には、スロージューサーなどを用いて生ジュースを作ることもオススメです。カッターで切り刻むことで熱が発生し、酵素を破壊してしまいやすいミキサーと違い、石臼ですり潰すように動くスロージューサーは酵素を破壊せず、ジュースと絞りカスの分離もしっかりと行いますので、舌触りもよく酵素を豊富に含んだ上質な生ジュースを飲むことができます。
また、肌寒い季節で体の冷えが気になる場合は、発酵食品を活用するとよいでしょう。おかずに加えたり、調味料に用いることで手軽に酵素を摂取することができます。

身近な食べ物の中から酵素を摂取するには、料理方法などに多少の手間が発生します。乱れた食習慣の見直しに繋がることは大きなメリットですが、毎日の生活で実践し続けるにはかなりの決意と努力が必要となってしまいます。
次ページではそんなあなたの酵素ダイエットを助ける強い味方をご紹介します。